イベント情報 »平戸オランダ商館-イベント情報

 

第27回定期講座のお知らせ

第27回定期講座のお知らせ

今回のテーマは「文化人 松平定信と松浦家の交流」
講師は出口洋平(平戸オランダ商館学芸員)が務めます。

寛政の改革で有名な松平定信は白河藩主引退後、庭園「浴恩園」で文化活動を展開し、さまざまな文化人との交流を行いました。この文人サロンには平戸藩主松浦静山も集い、静山と定信は親しく交流しました。今回は松平定信と松浦家の交流関係や松浦家に伝来した定信関係資料を紹介します。

■ 日時:2016年8月24日(水) 19:00から
■ 会場:平戸オランダ商館2階
■参加費:無料

どなたでも自由にご参加いただけます。お気軽にご来館ください。お待ちしています。

商館定期講座 チラシ(2016年8月)

夏まつりビアガーデンを開催します!

明日8月6日(土)、平戸港夏まつりが開催されます。
平戸オランダ商館の横広場でも Firando club が露店を開きます。
ビールあり、おつまみあり。
最高のロケーションで花火を楽しみませんか?

時間:17:00~
場所:平戸オランダ商館横広場
主催:Firando club

【メニュー】
ポテトフライ ¥200
から揚げ ¥300
チーズフライ ¥300
フランクフルト ¥300
生ビール ¥500
海外のビール(缶・ビン) ¥500
ソフトドリンクもあります。

みなさんぜひお越しください!

_MG-2_1

「解禁」上演決定!

When you need to belong, you find yourself alone

オランダ人演出家による舞台『解禁』
平戸オランダ商館にて上演決定!

『解禁』
作・演出:エリス・ヴァン・マーサベイン
出演:高杉征司(サファリ・P),黒木陽子(劇団衛星/ユニット美人),紙本明子(劇団衛星/ユニット美人),柴田惇朗,サンディー海,高柳友紀子,エリス・ヴァン・マーサベイン

主催:Tusk international theatre company

【あらすじ】
エヴァは負傷したオランダ商人の妻である。彼女は召使いのインドネシア人の少女と共に出島にいる病床の夫の看病を申し出るも、存在自体が不法として日本政府から拒絶されてしまう。医者の娘であり自らも医学の知識がある彼女は断固として戦おうとするが、大名から逆に病で苦しむ自分の息子を回復させることを命じられてしまう。エヴァは気丈にその命令を拒否するが、果たして強大な権力と戦えるのだろうか? 笑いありドラマありの日蘭貿易をめぐる悲劇を見つめた、インターナショナル演劇作品。

Ellis van Maarseveen(エリス・ヴァン・マーサベイン)
蘭マーストリヒト演劇学校卒。豪ニューイングランド大学にて修士号取得(応用演劇学)。演劇学校卒業後はヨーロッパにてテレビ、映画、舞台などに幅広く出演。2005年にエルスク・ヴァン・ホルクと共にTUSK International Theatre Companyを設立し、オランダを中心に舞台を上演する。2011年には拠点を日本に移し、名古屋国際学園などで演劇学を指導する傍ら、2014年に愛知県内で「青春」を上演。現在は東京で劇団主宰の傍ら、ワークショップカンパニー「NoQuatsch」代表としても活動中。

チケット料金
一般:2500円/学生1500円
※当日は500円増

お問合せ
合同会社kitaya505
TEL: 080-1710-2887
Mail: TUSK@kitaya505.com

チケットのお求めは
・ウェブサイト:Tusk international theatre company
・メール:TUSK@kitaya505.com
・電話:0950-26-0636(平戸オランダ商館)

kaikinチラシ表_入稿用

無題 (912x1280)

第6回「金婚式のすすめ」参加者募集中!

「50年目の婚礼写真」を記念に撮影しませんか? 自分たちへのご褒美やお子様たちからのサプライズプレゼントとして、金婚式を迎えるお二人の姿をお写真に。毎年、大変喜ばれています。

【撮影日】2016年9月4日(日)
【対象者】昭和41年(1966年)にご結婚し、今年金婚式を迎えるご夫婦
【場所】平戸オランダ商館
【撮影料】54,000円(モーニング,ウェディングドレス,お仕度,写真アルバム込み)

*応募された方の中から、1組に無料でプレゼント!*

【応募方法】
 パートナーや家族への感謝の言葉やメッセージを添えて、住所・氏名・年齢・婚礼月日・電話番号をご記入の上、ご応募ください。
【応募締切】2016年8月25日(木) 当日消印有効
【応募先・お問合せ先】
 〒859-5115 長崎県平戸市新町45-1
 TEL 0950-22-5511
 平戸なでしこ会(担当:長嶋)

http://www.hiradonadeshikokai.com/index.html

DSC01131 (2)

『平戸の中のオランダを描こう』絵画展開催のお知らせ

第3回『平戸の中のオランダを描こう』
 
今年も、平戸の小学生を対象に児童絵画展を行います。
 
そこで“オランダ”を感じさせる絵画を募集します。題材は平戸オランダ商館に限りません。平戸にはオランダを感じさせる場所がたくさんあります。“オランダ”を感じる風景・モノ・人を、自由に描いてください。
 
10月に入賞を決定し、平戸オランダ商館に展示します。入賞者には豪華な景品を贈呈します。
 
夏休みの宿題として学校に提出した後に、応募していただけますので、景品付きの宿題としていかがでしょうか? 多くのご応募をお待ちしております。
 
応募方法:平戸オランダ商館へ郵送または持ち込み
受付期間:9月1日(木)~30日(金)
対象:平戸市の小学生
規格:四つ切に限ります
※表現材料は、水彩絵の具・パステル・クレヨン・カラーペンなど

絵画展1

絵画展2

絵画展3

企画展のお知らせ

夏の企画展のお知らせ

『西洋との出会い ポルトガル貿易と南蛮文化』

古くから中国大陸との交流が行われてきた平戸は、十六世紀中国人海商らが中核となる密貿易が活発になり、海賊集団倭寇の根拠地となりました。一五四〇年代に倭寇の首領、王直が平戸に本拠をおくと、明の商船が頻繁に入港するようになり、平戸は一気に繁栄を迎えます。
王直の手引きにより一五五〇年にポルトガル船が初めて平戸に入港すると、平戸は西洋貿易の窓口として注目されるようになりました。ポルトガル船の入港を知ったフランシスコ・ザビエルは平戸に赴き、キリスト教の布教を行いました。
平戸でのポルトガル貿易はわずか十五年で終わりましたが、平戸は西洋に「FIRANDO」として、その名が知られることになりました。ポルトガルがもたらした南蛮文化やキリスト教は日本中に伝えられ、現代の日本に残っています。
この展覧会では、日本に南蛮文化がもたらされた頃の、ポルトガルと平戸の交流の歴史を紹介します。

会 期:2016年6月24日(金)~8月28日(日)
会 場:平戸オランダ商館2階
入館料:大人300円 小人200円

ポルトガル展web用

ポルトガル展web用2

第25回定期講座のお知らせ

第25回定期講座を開催します。

テーマ
『平戸松浦家の歴史と天皇家』

九代平戸藩主 松浦静山の11女(愛子)は中山忠能に嫁ぎ、その間に誕生した中山慶子が明治天皇の生母となったことはよく知られています。今回は、そのことに加えて、各時代の天皇家と松浦家当主との関わりについてお話します。

講師:久家孝史(松浦史料博物館学芸主任)
日時:2016年6月1日(水) 19:00~
会場:平戸オランダ商館
参加費:無料
 ※どなたでも自由にご参加いただけますので、お気軽にご来館ください。

商館定期講座 チラシ(2016年6月)

休館日のお知らせ

平成28年度の休館日は

6月21日(火)・22日(水)・23日(木)

となっております。ご来館の際はご注意ください。

休館日のお知らせ

第24回定期講座のお知らせ

第24回定期講座のお知らせ

テーマ 『平成27年度埋蔵文化財発掘調査報告』

今回は、平成28年3月に平戸の根獅子(ねしこ)遺跡から発見された弥生人の人骨についてです。テレビニュースや新聞等で報道され、話題になりました。平戸市の文化交流課が昨年度行った発掘調査の報告を中心にお話します。

講師:北島聖美氏(平戸市文化交流課)
日時:2016年5月11日(水)19:00~
場所:平戸オランダ商館2階
参加費:無料

ご自由にご参加いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。
商館定期講座 チラシ(2016年5月)

第23回定期講座のお知らせ

第23回定期講座のお知らせ

テーマ 『続 平戸の城郭』

以前大好評を得た「城シリーズ」の第二弾。城郭は塁・柵・堀などで囲まれ、軍事目的をもって構築された防御施設です。今回は中世から近世にかけて、平戸に存在した城郭の縄張りを中心にお話します。

講師:前田秀人(平戸市文化交流課)
日時:2016年4月13日(水) 19:00から
 ※今月の定期講座は都合により日程を変更しています。
会場:平戸オランダ商館
参加費:無料
どなたでも自由に参加できますので、ぜひ足をお運びください。

商館定期講座 チラシ(2016年4月)


 
イベントカレンダー
2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
関連リンクバナー