企画展「三浦按針展」

【企画展のお知らせ】
4月29日より、企画展「三浦按針展」を開催いたします。

【会期】2021年4月29日(木)~6月13日(日)※会期中無休
【会場】平戸オランダ商館2階

西洋人の人骨出土!按針の遺骨か?

2020年に没後400年を迎えたウィリアム・アダムス。今回の展覧会では偉大な功績を紹介致します。展示では、伝三浦按針墓地より2017年に発掘された人骨を史上初公開します。この人骨は発掘後、専門家による細密な鑑定が行われ、1590年~1620年の間に死亡した西洋人の骨であることが判明しました。展覧会ではこれまでの研究成果やその後の研究調査で解明されてきた新発見についてご紹介します。また併せて、平戸市が没後400年に合わせて複製制作した、アダムスに関わる地図や平戸にて書いた手紙、遺言書をはじめ、晩年アダムスが過ごした時代の平戸を物語る歴史資料を展示します。

主催:三浦按針没後400年事業実行委員会
特別協力:公益財団法人 松浦史料博物館、平戸オランダ商館

【お問合せ】平戸オランダ商館 TEL 0950-26-0636

三浦按針展A4両面_2103.ai

三浦按針展A4両面_2103.ai

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。