第52回定期講座のお知らせ

第52回定期講座を開催します。
今回のテーマは「中・近世の城郭」
講師は前田秀人氏(平戸市文化交流課)です。

松浦家26代鎮信(法印)は朝鮮出兵から帰国後の慶長4年(1599)、亀岡に大規模な石垣をともなう近世城郭「日の岳城」築城しました。「日の岳城」は14年後、焼失し廃城となりましたが、その90年後に江戸幕府に再築城が認められ、享保3年(1718)に「亀岡城(平戸城)」が再築されました。今回は好評の城シリーズ第3弾です。亀岡城をはじめとして、平戸に存在した中・近世の城郭についてお話しします。

◇日時:2019年1月30日(水) 19:00~
◇会期:平戸オランダ商館2階
◇備考:参加無料、予約不要

どなたでも自由にご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

商館定期講座 チラシ(2019年1月)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。