平戸オランダ商館-復元のあゆみトップページ

ホーム> 復元のあゆみ > 平戸オランダ商館-復元のあゆみトップページ
 
復元に至る取り組み
pic01

平戸オランダ商館の復元は、官民一体となった取り組みによりなされています。国際交流や、各種イベントなど多くの方の関わりにより実現した事業です。

平戸和蘭商館復元計画とは
pic02

平戸オランダ商館の復元整備は、17世紀初頭に平戸が海外との玄関口であった史実のもと、コンセプトを設定し、整備を進めてきました。

商館跡の現在の様子
pic03

国指定史跡「平戸和蘭商館跡」には、当時を偲ばせる多くの遺構や史跡が残されています。特に昔から“オランダ”の名で呼ばれている場所は、当時のままの姿を残しており、時の流れを現在に伝えています。

復元工事のすすめ方
pic04

国指定の史跡地内に、文化財的な復元をなす1639年築造倉庫は、文化庁はじめ、多くの専門家チームの意見を聞き、できる限り当時の姿のまま復元することを目指して進められました。


 


 
関連リンクバナー