ポルトガル映画上映会のお知らせ

今年もポルトガル映画の上映会を開催します。

『ボルドーの領事』
ドイツのシンドラー、日本の杉原千畝と並びイスラエルから「諸国民の正義の人」という称号を与えられたアリスティデス・デ・ソウザ・メンデス。在ボルドー領事だった彼は、第2次世界大戦中、ポルトガル政府の命に背いて、ユダヤ人その他の人びとにビザを発給し続けた。ソウザ・メンデスが迷いの末にビザを発行する決断を下し、次々と襲う困難に立ち向かう姿を描いた映画。
監督:フランシスコ・マンソ、ジョアン・コレア/2011年/90分/言語:ポルトガル語(日本語字幕)

◇2018年10月19日(金)19:00~
◇会場 平戸オランダ商館
◇入場無料

【お問合せ】0950-26-0636
平戸オランダ商館(長崎県平戸市大久保町2477)
主催:平戸オランダ商館
後援:ポルトガル大使館

無題

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。