第48回定期講座のお知らせ

第48回定期講座を開催します。

今回のテーマは「長崎のキリスト教史と世界遺産」
講師は、長崎国際大学非常勤講師の池田拓朗氏です。

今年の6月末、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録されました。今回は日本キリスト教史の主要な舞台として歩んできた長崎のキリスト教の歴史を概観するとともに、なぜ世界遺産に登録しようとする動きが出てきたのかをお話しします。

◇講師:池田拓朗氏(長崎国際大学非常勤講師・平戸観光協会)
◇日時:2018年9月27日(木)19:00~
◇会場:平戸オランダ商館 2階
◇参加費無料

※どなたでも自由にご聴講いただけますので、お気軽にお越しください。
商館定期講座 チラシ(2018年9月)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。