企画展「平戸藩とキリスト教」

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 世界遺産登録記念企画展「平戸藩とキリスト教」を開催します。

今年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されました。キリスト教史で特異な位置を占める遺産群です。布教・弾圧・潜伏・復活という潜伏キリシタンの歴史において、平戸藩主・松浦家は一時は布教を認めながら、その後キリシタンの弾圧を断行しました。禁教政策を実行した為政者の記録から、日本で行われた宗教弾圧の実相が浮かび上がる企画展です。

◇会期:2018年9月1日(土)~10月31日(水)※会期中無休
◇会場:平戸オランダ商館(長崎県平戸市大久保町2477)
◇入場料:大人300円小中高生200円
◇開館時間:8時30分~17時30分
◇主催:平戸オランダ商館0950-26-0636

平戸藩とキリスト教チラシ表

平戸藩とキリスト教チラシ裏

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。