斉藤哲夫LIVE 開催決定!

斉藤哲夫LIVE 開催決定!

2017年5月13日(土)
開場18:00(開演までの間、1階の常設展をご見学いただけます)
開演19:00~
チケット ¥2,500

【出演】
斉藤哲夫
さがみ湘
【ゲスト】
田口公人

お問合せ先
平戸で斉藤哲夫を聴こう実行委員会
080-5204-2062 井元まで

※専用駐車場はございません。お近くの駐車場(平戸港交流広場駐車場[120分無料])をご利用ください。

【斉藤哲夫】
1950年4月4日生まれ。埼玉県鴻巣市出身。明治学院大学卒業。
アマチュア時代から、あがた森魚、野澤享司、鈴木慶一、はちみつぱいらと親交を深める。
URCから早川義夫プロデュースの「悩み多きものよ」でデビュー。同曲は2000枚程度プレスされたという。その後ファーストアルバム『君は英雄なんかじゃない』を発表する。「悩み多きものよ」、「されど私の人生」が URC 時代の代表的作品。1973年CBSソニー から『バイバイグッドバイサラバイ』、1974年『グッドタイム・ミュージック』、1975年『僕の古い友達』など3作品をリリース。野澤享司のことを歌った、“野澤君”などの楽曲がある。また、その文学性の高い歌詞から若き哲学者、歌う哲学者等の愛称でも呼ばれた。
その後、1980年にキャニオンから2枚のアルバムとミニアルバム『PIKAPIKA』をリリース。宮崎美子が出演していたミノルタ(現コニカミノルタ)X-7のCMソング「いまのキミはピカピカに光って」が収録されており、この曲はのちにシングルカットされてヒットした。1990年代には、ゆったりとしたロックアルバム『ダータ・ファブラ』(1992年)を自主制作。生田敬太郎との連名アルバムを FFA からリリース。2009年にキャリア初のセルフカバーベスト『スピナッチ』をポニーキャニオンからリリース。
2011年秋、ライブ先の札幌で小脳梗塞を患い長期入院するも復帰し、体調を見ながらのライブ活動を続行中。

斉藤哲夫 OFFICIAL HOMEPAGE

斉藤哲夫LIVE2

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。