伊能忠敬没後200年記念企画展『伊能忠敬と平戸藩』のお知らせ

松浦史料博物館にて開催される企画展のお知らせです。

伊能忠敬没後200年記念企画展『伊能忠敬と平戸藩』

◇会期:2018年4月1日~6月30日
◇開館時間:8時30分~17時30分
◇会場:松浦史料博物館
◇入場料:大人510円、高校生300円、小中学生200円
◇主催:公益財団法人松浦史料博物館
◇特別協力:株式会社カクマル(測量資料館サーベイミュージアム)
◇お問合せ:0950-22-2236 matsuhaku@matsura.or.jp

文政元年(1818)、伊能忠敬は73年の生涯を閉じました。没後200年の今年、松浦史料博物館に所蔵する平戸図、九州図をはじめとして、9本に軸装された伊能図ほか、松浦家に伝わる天体観測・測量道具などを公開します。忠敬が平戸藩領内の測量を開始したのは文化9年(1812)12月。測量にあたり9代藩主静山は、測量終了後、平戸藩領の地図をひそかに平戸藩に渡すよう忠敬と約束を交わします。平戸藩領は海岸線が非常に長く、測量隊は三カ月余りをかけて測量を行いました。未完のまま忠敬が没したため、生存中に平戸藩へ測量図を提供することはできませんでしたが、その後弟子達により文政4年(1821)に完成し、幕府天文方高橋景保から松浦家に納入されました。松浦史料博物館に所蔵する伊能図は由来が把握できる貴重な伊能図であることが指摘されています。

伊能展表

伊能展裏

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。