オランダ王の日ビアガーデンが開かれました!

さる4月29日、平戸オランダ商館の横広場で「オランダ王の日」を祝してビアガーデンが開かれました。

「王の日」はオランダ人にとってとても大切な祭りです。
4月27日は第7代国王ウィレム・アレクサンダーの誕生日で、とにかくオランダ人が自分の街をオレンジ一色に染める日です。オランダの王家はオラニエ家と呼ばれ、オラニエはオレンジを意味するため、オレンジはオランダ王室を象徴する色となりました。
「王の日」には自由にものを売買することが許されているので、全国各地でフリーマーケットが開催されます。各地の広場でコンサートやライブパフォーマンスがあり、その日は都会でも田舎でも街は大変盛り上がります。

今回は2014年以来の「ビアガーデン」を復活させ、平戸オランダ商館で「王の日」を祝いました。オレンジの衣装を身にまとって多くの方が参加されました。商館もオレンジの光に照らされています。

13119064_1095827963824166_8323961273603440252_n

13095809_1095679747172321_5601874018836424285_n

13103534_1095679707172325_3179164489938721634_n

13124859_1095827987157497_3428068419942304073_n

13100803_1095828027157493_7163746109369761214_n

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。